Mission in Dialogue A

プログラム概要

日本と他国のキリスト教の歴史と現状を学び、また現地の学生と相互に交流することを通じてそれぞれの課題への理解を共に深めることを目的として実施するプログラムです。監理教神学大学(韓国)との研修を行うために、事前に日本で韓国のキリスト教の歴史・日韓の教会の関係史を学びます。現地ではキリスト教の現状を知るための施設や行事、活動などを訪問し、そこに表れている宣教の課題について体験的に学ぶことができます。

こんな人にオススメ

  • キリスト教について知りたい!
  • 他国でのキリスト教を体感したい!
  • 日韓の教会関係史について知りたい!
  • 宗教間対話について学びたい!
  • 短期間で海外に行ってみたい!

募集要項*2021年度夏季はオンラインにて実施(一部大阪へのフィールドワークを含む)

ダブルチャレンジ制度

留学プログラム/融合プログラム

派遣先

韓国 ソウル市 監理教神学大学 キリスト教関連施設

プログラム実施期間

8月(約1週間)

プログラム詳細

事前授業にて日韓のキリスト教の歴史・教会関係史を学びます(3日 -5日間)。現地では教会をはじめとするキリスト教関連施設で行事や活動などに参加します。

参加費

約5万円

奨学金

神学部国際交流奨学金(神学部生のみ)

滞在形式

寮、またはホテル

出願期間

4月上旬〜下旬(出願説明会開催予定)

出願先

神学部事務室

出願書類

参加申込み書など

募集人数

5名〜10名程度

参加資格

神学部生かつ2年生以上

選考方法

上限を超える申請があった場合のみ、成績(GPA)順に採用

単位認定

「Mission in Dialogue A」(2単位)

担当教員

中道 基夫 神学部教授

スケジュール
  • 募集説明会:3月下旬〜4月下旬
  • 参加者発表:5月上旬
  • オリエンテーション:6月下旬〜7月下旬
  • 事前学習:7月頃
  • プログラム実施期間:8月上旬
使用言語

韓国語(通訳あり)

問い合わせ先:神学部事務室