台湾フィールドワーク

プログラム概要

本プログラムのテーマは、台湾における環境保全・災害復興政策です。第二次世界大戦前の日本曹達の工場跡地を視察したり、阪神・淡路大震災からの復興で活躍し、台湾の921大地震の被災地に移設されたペーパードームを見学したりします。
秋学期には、事前のオンラインでの交流を予定しています。

こんな人にオススメ

  • 春休みを有効活用して台湾の環境保全・災害復興政策の現状を知りたい人!
  • 座学だけでなく、現地のフィールドワークも経験したい人!
  • images

募集要項

ダブルチャレンジ制度

国際ボランティア・フィールドスタディプログラム

派遣先

台湾 台南市(国立成功大学)、南投県

プログラム実施期間

2022年3月(8日間程度)

プログラム詳細

台湾の台南市、南投県に約8日間滞在し、以下の研究活動を行う。

  1. 秋学期における現地学生とのオンラインでの交流
  2. 国立成功大学学生とのフィールドワーク
  3. 研究
参加費

約13〜14万円

奨学金

短期留学奨学金(3万円)

滞在形式

ホテル

出願期間

10月〜11月頃

募集人数

上限10名(最少催行人数5名)

出願先

総合政策学部事務室

出願書類
  1. 志望理由書
  2. パスポートコピー
参加資格

総合政策学部生

外国語要件
選考方法
単位認定

プログラムを修めた場合、オフキャンパス実習(1単位)を認定

担当教員

長峯 純一、井上 一郎 総合政策学部教授(予定)

スケジュール
使用言語
説明会

11月頃

プログラム詳細

問い合わせ先:総合政策学部事務室