台湾フィールドワーク

プログラム概要

本プログラムでは、座学による台湾政治・経済・社会の理解に加えて、台湾において最も歴史のある台南市における街並み保存の取り組みや台湾有数の水鳥生育地(湿地)の自然環境保護地区等を視察します。それを踏まえ、台南市政府観光旅遊局の協力を得て、台南市の観光振興策をテーマに国立成功大学学生とのグループワークを行い、台南市への提案をすることを目指します。

こんな人にオススメ

  • 春休みを有効に活用して台湾の現状を知りたい人!
  • 座学だけでなく、現地のフィールドワークも経験したい方!
  • images

    台南市政府観光旅游局提供

募集要項

派遣先

台湾 台南市(国立成功大学)

プログラム実施期間

2020年2〜3月(1週間程度)

プログラム詳細

台湾の古都台南で約1週間滞在し、以下の活動を通じて、観光振興策を台南市へ提案することを目指します。

  1. レクチャー(台南の歴史・文化・街と都市政策、環境保護プロジェクト、観光政策等)
  2. フィールドワーク(安平古堡、国立台湾歴史博物館、海浜公園、マングローブ保存地区、渡り鳥湿地帯等)
  3. 国立成功大学学生とのグループワーク&フィールドワーク
  4. シンポジウム(台南市政府観光旅游局)
参加費

約13.5万円

奨学金

短期留学奨学金(3万円)

滞在形式

ホテル

出願期間

2019年10月〜11月頃

募集人数

上限15名(最少催行人数10名)

出願先

総合政策学部事務室

出願書類
  1. 志望理由書
  2. パスポートコピー
参加資格

総合政策学部 全学年

単位認定

プログラムを修めた場合、オフキャンパス実習(1単位)を認定

担当教員

長峯 純一 総合政策学部教授

説明会

2019年11月頃

問い合わせ先:総合政策学部事務室