出願にあたっての注意

全プログラム共通の注意事項

以下を必ず確認のうえ、出願してください。

①出願資格(必須条件)
  • 各プログラムに含まれる事前研修・事後研修に全日参加できること。(無断でオリエンテーション・事前研修を欠席した場合、参加が取り消されることがあります)
  • 各プログラムへの参加は、心身ともに健康状態が良好であることが前提です。
  • 現在治療中の病気だけでなく、心や身体の健康面で心配なことがあれば、主治医等に留学が可能であることを確認し、指導を受けてください。
  • 毎年4月に大学で実施している定期健康診断を受けること、留学先に応じた予防接種を受けておくことが必要です。
②渡航時期
  • 1/29(火)は、秋学期定期試験予備日(予定)です。試験が実施される場合、プログラムによっては、渡航日の関係からレポートによる代替試験を受験することになりますので、了解のもと出願してください。
  • 2/9(土)、12(火)、13日(水)は、秋学期定期試験追試験日及び予備日です。これらの日に試験が実施される場合、プログラムによっては、渡航日の関係から受験することができませんので、了解のもと出願してください。
③参加費
  • 為替相場の変動などにより、追加徴収又は返金する場合があります。参加費の最終的な精算はプログラム終了後に行います。
  • 研修の参加費にはビザやパスポート取得費用、その他個人的な費用は含まれません。
④奨学金
  • 奨学金が支給されるプログラムに限り、支給方法等の詳細を参加決定後に案内いたします。
  • 奨学金の種類、金額はこちらを参照してください。
  • 各学部生対象の奨学金については、在学中に1回のみ受給可能です。国際教育・協力センターが提供する奨学金とは1回の留学において重複受給できません。
⑤参加決定後の辞退
  • 参加決定後の辞退はできません。
  • 参加費を徴収するプログラムについて、やむを得ず辞退する場合は、その理由に関わらず以下の通り参加費用の一部または全額のキャンセル料金が発生します。
  • プログラム費用:プログラム実施機関のキャンセルポリシーに基づく。
  • 航空券:航空会社のキャンセルポリシーに基づく。
⑥プログラムの実施
  • 参加人数が最少催行人数に満たない場合は、プログラムを中止する可能性があります。
  • 本募集要項に記載の渡航日程・プログラム詳細については、プログラム実施先の都合や、国際情勢等により変更または中止されることがあります。
  • 現在公開している内容は2018年9月時点のものです。今後変更になる可能性があります。
⑦パスポート
  • 海外で実施されるすべてのプログラムにおいて、パスポートコピーの提出が必要です。有効なパスポートを所持していない場合には、各都道府県の旅券事務所で交付の申請手続きを行ってください。
  • 自宅生以外で大学近辺で暮らしている場合、現在住んでいる兵庫県で居所申請をすることができます。通常のパスポート申請よりも必要書類が多いため、各自治体のウェブサイトで手続き方法を確認してください。
⑧複数プログラムの併願
  • 原則として、同時期に実施する複数プログラムの併願は認められませんが、以下の組み合わせに関しては併願が可能です。
    • 国連ユースボランティア、国際社会貢献活動
    • 中期留学、中期海外インターンシップ
    • 外国語研修、Cross-Cultural Workshop
    • 交換留学、ダブルディグリー留学(対象学部生のみ)

    その他プログラムの併願については、必ず事前にCIEC事務室まで相談してください。

プログラムごとの注意事項等については、各プログラムの詳細ページを確認してください。