今できる国際教育プログラム/科目一覧

インドネシア交流セミナー

imagesプログラム概要

インドネシア交流セミナーは、本学とインドネシアの協定校サティヤ・ワチャナ・キリスト教大学の間で1977年から毎年行われている国際合同セミナーで、両大学間ではEast Asia Student Encounter(EASE)の名称で親しまれています。

このセミナーの目的は、テーマをめぐる発表や議論、多様な交流プログラムなどを通して、両国の参加者間の深い知的・人間的交流を育む中で、より良い国際社会を創り出す「世界市民」としての資質を身につけることです。

2021年度は、"Reconsidering Peace and Happiness under the COVID-19 Crisis: Through Innovative Encounter between Japan and Indonesia" をテーマとし、オンラインでプログラムを実施します。6月からセミナーに向けての準備を始め、発表や文化紹介等の内容を参加学生が主体となって計画します。参加者はこのセミナーを通して、多民族国家インドネシアと自国・自文化に関する理解を深め、英語コミュニケーションの力とともに、多様性を受容する力や他者と協働する力を高めることができます。

本セミナーを通して築かれるインドネシアの学生との友情は、一生の宝となることでしょう。本セミナーの経験者の多くが、卒業後も活き活きとした交流を継続しています。

imagesこんな人におすすめ!

● 英語によるコミュニケーション力を高めたい人
● アジアやインドネシアに興味がある人
● 異文化理解、多文化共生に関心がある人
● 海外の大学生と深く交流したい人

募集概要

実施形態

自宅ないしは関西学院大学西宮上ケ原キャンパスにてオンラインと対面併用

プログラム実施期間

2021年8月25日~8月27日

プログラム詳細

1.今年のテーマ "Reconsidering Peace and Happiness under the COVID-19 Crisis: Through Innovative Encounter between Japan and Indonesia" に関連する講義
2. 学生の研究発表、グループディスカッション
3. 文化紹介などによる交流
4. その他
① 6月から8月上旬にかけて事前研修を実施します(毎週土曜日)。
② 本セミナー終了後、事後研修を経て報告書を作成します。

参加費(概算)

なし
※食材の調達や文化紹介に用いる衣装などにかかる費用が発生する場合があります。

奨学金

なし

出願期間

2021年4月25日(日)23:59まで

出願書類

参加申込書

募集人数

15名

参加資格

1. 学部生(2021年9月卒業見込み者は参加不可)
2. 事前研修、事後研修を含め全日程に参加できる者
3. 自宅でインターネット環境が整っており、ZoomなどのWeb会議ツールを使用できる者

外国語要件

なし(日常会話程度の英語力があることが望ましい)

選考方法

書類選考、面接選考

単位認定

グローバルスタディーズ科目「インドネシア交流セミナーB」2単位
※シラバスも併せてご覧ください。

担当教員

赤星 聖 法学部准教授

スケジュール

書類選考 2021年4月30日(金)
面接選考 2021年5月8日(土)
参加者発表 2021年5月12日(水)
手続き説明会 2021年5月12日(水)昼休み
事前研修 2021年6月〜8月の毎週土曜日(午前)を予定
事後研修 2021年9月実施予定

使用言語

英語・日本語

問い合わせ先

国際教育・協力センター(CIEC)