新着情報

【9月22日(火・祝)13:30-15:30開催】2019年度「国連ユースボランティア」派遣生オンライン帰国報告会

投稿日:  カテゴリ:

2019年9月から2020年2月の5ヶ月間、16名の大学生が「国連ユースボランティア(UNYV: United Nations Youth Volunteers)」として、各国の国連諸機関に派遣されました。 「国連ユースボランティア」は、関西学院大学が国連ボランティア計画(UNV)との協定に基づき、学生を開発途上国にボランティアとして派遣するプログラムです。現在は、プログラム実施の基幹校である関西学院大学以外に、大阪大学、国際教養大学、筑波大学、東洋大学、明治大学、明治学院大学、立教大学が連携校として参加しています。
派遣生は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、開発途上国の厳しい環境下で様々な活動を行いました。それは、地球規模の課題を自らのものとして考え、問題解決にチャレンジする貴重な機会となりました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、実施延期となっていた帰国報告会をオンラインにて実施いたします。


◆国連ユースボランティアってなに?

「国連ユースボランティア」は、関西学院大学が国連ボランティア計画(UNV)との協定に基づき、学生を開発途上国にボランティアとして派遣するプログラムです。本学が2004年に開発途上国への学生ボランティア派遣を開始して以来、これまでに100名を超える学生が開発途上国で活動を行ってきました。2020年9月現在、プログラム実施の基幹校である関西学院大学以外に、大阪大学、国際教養大学、筑波大学、東洋大学、明治大学、明治学院大学、立教大学が連携校として参加しています。 派遣学生は、UNVのコーディネートにより、約5ヵ月間、主に開発途上国の国連諸機関に派遣されます。派遣先国はアジア、アフリカ、欧州、大洋州の各国です。


◆2019年度「国連ユースボランティア」オンライン帰国報告会

【日  時】2020年9月22日(火・祝)13:30-15:30(13:15開場)
【形  式】Zoom(Webinar)によるオンライン配信
【定  員】500名(先着順) ※要事前申込(定員になり次第、募集を締め切ります)
【言  語】日本語
【申込方法】以下URLからお申込みください。申込完了後、参加用URLが自動配信されます。
       ※ご登録いただいた内容は、本帰国報告会の実施にのみ使用し、その他の用途では使用いたしません。
      (申込先)https://zoom.us/webinar/register/WN_KGVE-85vTRmRO0bXzLyttA

●スケジュール
 ◆13:30-13:55                                    <敬称略>
  開会挨拶   関西学院大学「国連ユースボランティア」派遣日本訓練センター長    神余 隆博
  ビデオレター 国連ボランティア計画(UNV)事務局長                オリビエ・アダム
  来賓挨拶   外務省地球規模課題総括課長                     吉田 綾
 (司会進行)  関西学院大学国際連携機構事務部                   葉佐 賢太郎

 ◆13:55-14:45 第一部:パネルディスカッション
  モデレーター 国際教養大学国際教養学部教授                    佐藤 健公
  派遣生    福谷咲奈(大阪大学)、古瀬菜々子(国際教養大学)遠山里菜(筑波大学)
         伊藤菜々佳(明治学院大学)、成田好(立教大学)、中岡航太郎(関西学院大学)

 ◆休憩

 ◆14:50-15:20 第二部:参加者とのQ&Aセッション
  モデレーター 関西学院大学国際学部教授                       關谷 武司
  派遣生    福谷咲奈(大阪大学)、古瀬菜々子(国際教養大学)遠山里菜(筑波大学)
         伊藤菜々佳(明治学院大学)、成田好(立教大学)、中岡航太郎(関西学院大学)

 ◆15:20-15:30
  閉会挨拶   関西学院大学「国連ユースボランティア」派遣日本訓練センター副センター長 關谷 武司


◆2019年度「国連ユースボランティア」派遣生による活動報告動画

各派遣生の任地での活動内容や「国連ユースボランティア」を目指したきっかけなどについて、動画形式にて配信しています。
以下URL先より、ぜひご覧ください。
https://ciec.kwansei.ac.jp/information/news/2019-102127.html

  • images

  • images

  • images