ラーニング・アシスタント

images

ラーニング・アシスタントとは

ラーニング・アシスタント(LA: Learning Assistant)は、授業担当者の授業運営を補佐したり、履修学生の指導や相談をとおして教育および学習の支援を行う制度です。
ボランティアと違い業務報酬が支払われますが、単なるアルバイト業務ではなく、本学における教育活動の一環として位置づけられています。
また、LAにはⅠ種業務とⅡ種業務という区別があり、学生の学習活動の助言対応補助や学生の学習上の質問・相談対応補助、授業運営の補助、授業担当者が必要と認めた教育活動上の補助など、その業務内容はⅠ種/Ⅱ種の種別、また担当する授業によって異なります。
日本語教育センターでは、春学期、秋学期ごとにLAⅠ種、Ⅱ種をそれぞれ募集しています。

こんな人にオススメ

  • 日本語教育に興味があり、日本語を勉強する留学生をサポートしたい
  • 授業を通じて様々な国の留学生の考え方について触れてみたい
  • 留学生と話すことで新たな気づきを得たい

活動内容

  • グループディスカッション時のファシリテーター
  • 日本語授業内での留学生の会話練習相手
  • ディベートへの参加
  • 留学生の発表や会話の様子のビデオ撮影
  • 留学生の文章や発話の修正などの日本語サポート など

日本語教育センターのLAは、留学生の日本語学習サポートを目的としています。
授業内では日本語を使います。(英語やその他の外国語を用いることは主目的ではありません)

経験者の声

木下 陽子(Kinoshita Yoko)
教育学部4年

images

大学1年生のときにインドネシアに行った際、困ったことがあると現地の学生がいつも親切に助けてくれました。日本に帰国し、今度は私が少しでも留学生の役に立ち、サポートをしたいと考えました。また、私は教育学部で学んでおり、ぜひとも学部での学びをいかしたいという思いから、留学生の日本語クラスのL.A.に応募しました。
L.A.の活動のなかで、留学生が楽しそうに授業での話し合いに参加してくれたことが、私がL.A.をしてよかった!と思える瞬間でした。また、さまざまな国の留学生と話し合いを重ねていくことで、お互いの国についての理解を深め合うことができましたし、私自身にとっては日本についてもう一度考えるきっかけにもなりました。留学生と日本のことについて共に考え、学び合うことができた経験は、大きな宝物です。

問い合わせ先:西宮上ケ原キャンパス G号館1階 日本語教育センター