FAQ

留学について

とりあえず留学に行きたいと思っていますが、どのプログラムがいいですか?

まずは自分自身で、どのような目的で留学をしたいのかをはっきりとさせましょう。
外国語を重点的に勉強したいのであれば、外国語研修や中期留学をお勧めします。交換留学では、現地の言葉での授業を現地の学生と同じように履修します。外国語能力を伸ばした後に、交換留学等上級プログラムに参加する人もいます。自分の目的に沿った留学プランを立てましょう。

留学に関する情報はどのように収集すればいいですか?

国際教育・協力センター発行の募集要項やウェブサイトを熟読した上で、興味のあるプログラムの説明会や留学フェアなどの留学イベントに参加してください。また、過去に参加した学生から直接経験談を聞くことができる帰国報告会にも積極的に参加してください。留学先の大学についての情報は、各大学のウェブサイトを確認するとともに西宮上ケ原キャンパスにあるG号館2階のフジタ・グローバルラウンジで海外協定校の資料を閲覧することができます。その他、メールマガジンやInstagram、Twitter等のSNSを通じて、留学に関する様々な情報を配信しています。

留学についての相談はどこでできますか?

西宮上ケ原キャンパス、神戸三田キャンパスにある国際教育・協力センターの留学アドバイザーやスタッフが相談に応じます。
ただし、単位認定や履修に関することは所属学部によって異なる場合がありますので、各所属学部事務室への確認が必要です。特に、国際学部は外国語研修や中期留学等のプログラムについて履修科目、成績評価、奨学金等の制度が他の学部と異なりますので、ご注意ください。

複数のプログラムに参加することはできますか?

可能です。ただし、プログラムによっては、留学前のビザ取得手続き等により他のプログラムに参加できない場合があります。必ず事前に国際教育・協力センター及び所属学部事務室に問い合わせをしてください。また、授業実施期間中の留学を考えている場合は、卒業時期に影響しないよう早めに履修計画を立ててください。
就職して社会人になってしまうと、長期の留学を経験することはなかなか難しいことです。貴重な大学生活を有意義に過ごし、世界的な視野を持つ人間として大きく成長できるように国際教育・協力センターのプログラムを積極的に活用してください。

交換留学と認定留学との違いはなんですか?

交換留学は、休学することなく海外協定校に1学期または1年間の期間で留学できる制度です。
本学へ納入した授業料が留学先大学の授業料に充てられることになり、本学と信頼関係のある協定校で比較的経済的に留学することができます。
認定留学も休学することなく、協定大学を含む外国の大学に留学ができる制度です。学費については関学と留学先と二重に支払うことになります。交換留学では留学ができない大学で勉強できることがメリットです。いずれの場合も、留学先で取得した単位について帰国後に本学に申請し、審査の結果認められれば本学の単位として認定を受けることができます。

3年生の秋学期から1年間留学に参加した場合、4年で卒業できますか?

原則として、4年で卒業が可能です。ただし、必修科目であるゼミなどの履修や、単位の取得状況によっては、4年間で卒業することが難しい場合もありますので、留学を検討する段階で必ず出願までに所属学部事務室に相談してください。

留学中の住居はどのような形式になりますか?

国際教育・協力センターが提供する留学プログラムの滞在先は、ホームステイか寮が一般的です。交換留学の滞在先は各留学先大学の居住環境によりますが、大半の学生は大学の寮に滞在しています。その他、ホームステイやアパートメントでの滞在を選択する学生もいます。なお、住居手配の保証がない大学もあり、その場合は各自で手配することになります。

教職と留学を両立したいのですが、可能ですか?

両立は可能です。ただし、教職課程スケジュール上、留学のタイミングによっては4年間での卒業が難しい場合もありますので、教職教育研究センターで個別に相談してください。過去にも教職と留学を両立させて学生は多数います。両立のコツはこちらを参照してください。

英語力について

どうやったらTOEFL®やIELTSの点数を伸ばせますか?

個人それぞれに適した方法がありますが、外国語能力試験のスコアを伸ばすためには、テストの構成についてよく理解し、問題集を解く、単語を覚えるなどの対策が必要です。その他の英語スキルについても、毎日英語に触れる、言語教育研究センターが実施する英語プログラムを履修するなど、個々の努力が欠かせません。学内には無料で外国語能力試験対策用の問題集の貸出を行っている施設もあります。
また、国際教育・協力センターでは、TOEFL® iBT / IELTSの無料対策講座を提供しています。プロの講師から効率的なスコアアップのコツを学べる絶好の機会ですので、積極的に活用しましょう。

留学前におすすめの科目はありますか?

国際教育・協力センターでは、留学を最大限活かすための留学前・留学後学習科目を多数開講しています。履修に際しては、各科目の履修に必要な英語スコアの提出、事前申込が必要です。

学業成績について

成績が良くないと留学プログラムに参加できないのですか?

本学での履修状況に問題がないことが望ましいですが、参加資格に学業成績が含まれていないプログラムもあります。詳細は各プログラムの参加資格を確認してください。交換留学や国際ボランティアプログラムは、学業成績が良好であることが出願条件に含まれます。