,

認定留学

募集要項

ダブルチャレンジ制度

留学プログラム

プログラム概要

認定留学とは、休学することなく、協定大学を含む外国の大学に留学する制度です。学生は専門分野等の留学計画を立て、本学を通さず自身で留学先(国・大学)を決定し手続きを進めていく必要があります。学籍上の取扱い、単位認定、履修上の特例等については、交換留学の場合と同じですが、学費は本学と留学先大学の両方に納入する必要があります。

派遣先

学位授与権のある大学

出願手順
  1. 国際教育・協力センターや所属学部・研究科、指導教員に相談する(研究演習の履修、教職課程、卒業要件等の確認)
  2. 留学先(国・大学)を決める
  3. 留学先の出願要件を確認し、入学申請をする
  4. 国際教育・協力センターに認定留学願等の申請書類を提出する
  5. 入学出願手続き(出願書類一式を留学先大学に提出する)
  6. 入学許可書が送付される
  7. 国際連携委員会、学部教授会(大学院生の場合は研究科委員会・研究科教授会)の審査を経て可否を判断
必要書類
  1. 認定留学願
  2. 留学先大学情報
  3. 留学計画書
  4. 留学先大学入学許可書

別途提出していただく書類もあります。

参加資格

学部生:当該留学年度までに少なくとも1年以上在学し、24単位以上の単位を修得した者。
大学院生:当該留学年度までに少なくとも1学期間以上在学している者。

選考方法

留学を希望する外国の大学(専攻しようとする分野)が、学位授与権を有しているかなどを大学が審査し、学部教授会(大学院生の場合は研究科委員会又は研究科教授会)により、本人の留学目的が教育上有益と判断した場合に許可。

助成金
学部生

①2019年度以降入学生:廃止
②2018年度以前入学生:留学先大学で実際に支払われた学費(正規授業に関わる費用)を対象として、本学の授業料の半額相当額を限度として支給します

大学院生

留学先大学で実際に支払われた学費(正規授業に関わる費用)を対象として、本学の授業料の3分の2を限度として支給します

奨学金等で免除となる学費は支給対象になりません。

単位認定

留学先で修得した単位を所属学部・研究科にて関学の単位に認定することが可能です。

スケジュール

留学先により異なります。

出願に関する注意
  • 学位授与権を持つ大学であっても、大学の英語集中コース(ESLなど)については認定留学として適用されません。
  • 事前に申請せず独自に外国に留学し、帰国後、本学の単位の認定を希望するケースについても認定されません。
  • 留学期間中は、本学の学費納入とともに留学先大学への授業料納入が必要です。

問い合わせ先:国際教育・協力センター(CIEC)