スペイン語中期留学

プログラム概要

一学期間スペイン語を集中的に学ぶことができるプログラムです。
スペインの首都マドリードの南東部バレンシア州に位置するアリカンテ市は、地中海に面した温暖な地域です。参加学生は現地に約4ヵ月滞在し、アリカンテ大学語学教育センター(Centro Superior de Idiomas de la Universidad de Alicante)が提供するスペイン語コースを受講します。
言語教育ヨーロッパ共通フレームワークのレベルに基づいた能力別(A1〜C2)のクラス編成のため、自分の実力に応じたクラスで指導が受けられます。また受講するコースは日本の他大学及び海外の学生たちが学んでおり、放課後や土日に大学が主催するアクティビティ・フィールドトリップに参加することもできます。英語以外の言語での留学に興味がある方にはお勧めのプログラムです。

こんな人にオススメ

  • 英語以外の言語学習に興味のある方
  • 外国語研修に続き、さらにスペイン語学習を深めたい方

派遣校一覧

スペイン

大学名 実施期間・日本出発/到着 滞在形式 食事 参加費
アリカンテ大学 2020年9月1日(火)〜12月18日(金)
出発:8月29日(土)
到着:12月21日(月)
学生寮 朝昼夕 104万円(1ユーロ=125円換算/現地授業料/寮関連費用/往復渡航費/保険、危機管理サービス/雑費)
留学査証の申請が必要です。東京のスペイン大使館での申請の為、申請料、東京までの交通費・滞在費等が別途必要です。
*留学査証取得方法は2019年9月時点の情報です。今後変更になる可能性があります。
*テキスト代が別途60€必要です(現地で購入)。
*プログラム参加中も本学への学費の納入が必要です。

募集要項

ダブルチャレンジ制度

留学プログラム

プログラム詳細

Term1:9月1日(火)〜10月23日(金)(8週間)
Term2:10月26日(月)〜12月18日(金)(8週間)

  • スペイン語の習熟度別に、12段階(A1-C2)のクラス分けが実施され、レベルにあったクラスで授業を受講します。
  • 各タームごとに、4週間のセッションを2回ずつ受講。セッション終了時の「修了試験」の結果により、次に受講するクラスが振り分けられます。
  • 毎日3時間のスペイン語コースと1時間の選択コースを受講します。選択コースは原則「会話」のコースを受講しますが、上級レベルの場合は、文化、美術、商業、ツーリズムなどの各テーマから選択することができます。
出願期間

12月16日(月)〜2020年1月15日(水)

出願書類

オンライン出願のみ

募集人数

20名

スペイン語要件

なし

参加資格
  1. 留学時に学部2年生以上であること(大学院生は申込不可)。
  2. 所属学部が指定する第1学年度必修科目、選択必修科目もしくは選択科目のスペイン語4単位以上を修得していること。
選考方法

書類選考のうえ、申込多数の場合は抽選を行います。

奨学金

中期留学奨学金(20万円)

科目・単位数

Term1:「スペイン語中期留学Ⅰ」7単位(160時間)
Term2:「スペイン語中期留学Ⅱ」7単位(160時間)

スケジュール
  • 参加手続き説明会:2020年1月下旬
  • 申込金振込:2020年2月上旬
  • 事前研修:2020年5月〜8月に数回を予定
  • 参加費残金振込:2020年6月下旬
  • 解散式:2021年1月上旬(予定)
使用言語

スペイン語

出願に関する注意
  • プログラム参加期間中であっても、本学学費の納入が必要です。
  • 参加決定後、すぐに申込金(20万円)の納入及び参加手続き書類の提出をしていただきます。
  • 原則として、2020年度秋学期の履修科目については、本プログラムの該当科目のみとなります。履修の取り扱いは学部により異なりますので、所属学部事務室で確認してください。
  • 夏季・春季休暇に開講される集中講義で、留学期間と授業期間が重ならない科目については、履修を認めています。この場合、履修登録期間中に教学Webサービスを通して履修手続きをする必要があります。事務室窓口での申込・履修手続きが必要な授業科目の履修はできません。
  • ビザ申請手続きについては本学から申請方法を案内しますが、参加者個人の責任のもと、各自で手続きを行っていただきます。万一、ビザを取得できなかった場合はプログラムに参加することはできません。

問い合わせ先:国際教育・協力センター(CIEC)