国連ユースボランティアとは

「国連ユースボランティア」は、アジアの大学として初めて、世界ではアメリカ、スペインの大学に続いて3番目に関西学院大学が国連ボランティア計画(UNV)との協定に基づき、学生を開発途上国の国連諸機関にボランティア派遣するために立ち上げたプログラムです。

関西学院大学を基幹校とし、2022年4月現在国内7大学(大阪大学、国際教養大学、筑波大学、東洋大学、明治大学、明治学院大学、立教大学)と連携して実施しています。2023年度以降は、基幹校である関西学院大学と連携校として、明治大学、明治学院大学、立教大学の4校で実施予定です。

2004年に「国連学生ボランティア」として開発途上国への学生ボランティア派遣を開始して以来、これまでに100名を超える学生が開発途上国で活動を行ってきました。
派遣学生は、UNVのコーディネートにより、約5ヵ月間、主に開発途上国の国連諸機関に派遣されます。派遣先国はアジア、アフリカ、欧州、大洋州の各国です。


参加資格
  1. 国連ユースボランティア参加大学(関西学院大学、明治大学、明治学院大学、立教大学)のいずれかに在籍する正規学生であること。
  2. 派遣時に20歳以上26歳未満の学部2年生以上であること(大学院生は不可)。※派遣される年の9月1日時点で20歳以上であること。
  3. 派遣生として業務を完遂することのできる能力を有する者。
  4. 開発途上国の厳しい生活環境や異文化環境においても心身の健康を維持し、困難な状況に対応できること。
  5. 派遣終了後(大学卒業後も含む)、国連ユースボランティア事業への協力に同意する者。
  6. 国際協力や開発に関する基礎知識を持ち、各活動分野において実践的応用力を発揮できること。
  7. 各大学が個別に定める要件を満たすこと。
派遣時期

9月末頃~翌年2月末頃(約5カ月間)

手当

手当として、航空券、現地滞在費などが支給されます。

国連ボランティア計画(UN Volunteers)

国連ユースボランティア 参加大学派遣実績(2013~)

2022年3月現在

地域 人数
アジア インドIndia 1
インドネシアIndonesia 5
カンボジアCambodia 5
スリランカSri Lanka 4
タイThailand 4
ネパールNepal 2
バングラデシュBangladesh 2
東ティモールTimor Leste 6
フィリピンPhilippines 3
ベトナムViet Nam 4
ミャンマーMyanmar 2
モンゴルMongolia 2
ラオスLao PDR 8
アラブ ヨルダンJordan 4
大洋州 サモアSamoa 5
フィジーFiji 4
欧州 アゼルバイジャンAzerbaijan 2
アルバニアAlbania 1
ウクライナUkraine 2
カザフスタンKazakhstan 5
キルギスKyrgyzstan 1
タジキスタンTajikistan 1
ボスニア・ヘルツェゴビナBosnia and Herzegovina 2
アフリカ ウガンダUganda 2
エジプトEgypt 3
エチオピアEthiopia 3
ガーナGhana 2
ケニアKenya 1
ザンビアZambia 5
ジンバブエZimbabwe 4
セネガルSenegal 2
タンザニアTanzania 2
ナミビアNamibia 1
マラウイMalawi 3
モザンビークMozambique 7
ルワンダRwanda 4
中南米 トリニダード・トバゴTrinidad&Tobago 1
バルバドスBarbados 4
計38カ国 119
機関 人数
国連開発計画(UNDP) 52
国連ボランティア計画(UNV) 24
国連常駐調整官事務所(UNRCO) 8
国連女性機関(UN Women) 6
国連広報センター(UNIC) 5
国連児童基金(UNICEF) 5
国連食糧農業機関(FAO) 4
国連薬物犯罪事務所(UNODC) 3
国連人口基金(UNFPA) 3
国連人間居住計画(UN-Habitat) 2
国連教育科学文化機関(UNESCO) 2
国際移住機関(IOM) 2
国連環境計画(UNEP) 1
国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP) 1
国連資本開発基金(UNCDF) 1
合計 119

お問い合わせ

国連ユースボランティアは大学ごとの募集となり、出願にあたっての諸条件や手続き等が異なります。
詳細につきましては、各大学のページをご確認のうえ、所属大学にお問い合わせください。

  • 関西学院大学
  • 明治大学
  • 明治学院大学
  • 立教大学
  • UN Volunteers

本プログラムは、関西学院大学とUNVの協定に基づく派遣です。